再就職したとき・失業給付を受けようとするとき

民間企業に再就職したり、議会議員に就任したりしたとき

老齢厚生年金の受給権者が民間企業等に再就職され厚生年金保険制度に加入、又は、議会議員に就任されたときは、加入された日(議員に就任された日)の翌月から、年金が一部停止になります。

停止額は年金の額と給料(議員報酬)及び過去一年間の賞与の額に基づいて計算されますが、計算の結果、停止額がない場合もあります。

厚生年金に加入されたときは届出は不要ですが、議員に就任されたときは「国会議員または地方公共団体の議会の議員に係る老齢厚生年金在職支給停止(解除)届」を提出してください。

届出が遅れますと、年金が過払いとなり、後日返還していただくことがありますので、ご注意ください。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小