厚生年金を請求するとき

特別支給の老齢厚生年金を請求するとき

特別支給の老齢厚生年金の請求をされる際は、生年月日に応じた支給開始年齢となった後、「老齢厚生年金請求書」に必要事項を記入し押印のうえ、次の書類を添えて、共済組合へ提出してください。

「老齢厚生年金請求書」は、誕生日の3ヶ月前頃に共済組合へ届けてある住所宛に郵送されてきますが、住所変更などで郵送されてこない場合は、電話などで共済組合に請求されるか、ホームページからダウンロードすることで入手できます。

なお、老齢厚生年金の繰上げ支給を希望される場合は、電話などで共済組合へご連絡ください。

※必要な添付書類
  • 基礎年金番号が確認できる書類
  • 雇用保険被保険者証の写し
  • 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
  • 口座名義及び口座番号の確認できる年金受取金融機関の預貯金通帳の写し
    (ただし、請求書の所定の欄に年金の受取金融機関の確認印を受けたときは通帳の写しは不要です。)
  • 戸籍妙本または住民票(住基ネットで確認できる場合は不要です。)
加給年金額対象者がいる場合
  • 加給年金額対象者の戸籍抄本
  • 加給年金額対象者の基礎年金番号が確認できる書類
  • 加給年金額対象者の住民票及び課税証明書

上記書類の他必要に応じて添付する書類がありますので、詳細については共済組合または勤務されていた市町村役場・一部事務組合の共済事務担当者にお尋ねください。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小