その他届出が必要なとき

現況届について

現在、年金受給権者本人については、住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」といいます。)の導入により生存確認が可能になったことから、現況届は原則として提出不要とされていますが、加給年金額対象者との生計維持関係について確認が必要な方及び住基ネットでの生存確認ができない年金受給権者の方については、年金受給権者の方あてに届出用紙を送付しております。

お手元に「現況届」が送られてきた場合は必ず共済組合まで提出してください。

期日までに提出されない場合には、年金の支給が差し止めとなることがありますのでご注意ください。

※「現況届」の提出が必要な方
  • 加給年金額の加算が行われている年金受給権者の方
  • 住基ネットで生存確認できない方

扶養親族等申告書について

翌年に課税の対象となる老齢厚生年金等の年金受給権者について、税金の控除を受けるための「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」用紙を毎年10月頃に送付します。基礎的控除額、人的控除額控除を受ける場合については、提出してください。

提出されない場合には、源泉徴収される所得税額が提出された場合より多くなることもありますのでご注意ください。

年金額試算依頼書について

老齢厚生年金などの試算をご希望の方は、「年金額試算依頼書」を共済組合にご提出ください。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小