65歳になったとき

本来支給の老齢厚生年金を請求するとき

65歳未満で「特別支給の老齢厚生年金」を受けている方は、65歳になる誕生月の前に共済組合から「老齢厚生年金請求書」を送付しますので、必要事項を記入し押印のうえ、指定の期限までに共済組合に提出してください。

なお、加給年金額対象者がいる場合、居住地の市区町村役場等にて「住民票記載事項証明書」に市区町村長の証明を受ける必要があります。

期日までに手続きされない場合は、年金の支給が遅れることがありますのでご注意ください。

また、国民年金の老齢基礎年金の請求手続きも必要となりますので、同封されています老齢基礎年金請求手続き方法により、手続きを行って下さい。

老齢厚生年金の繰下げ支給を希望される方については、共済組合に同封の確認書をご提出ください。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小